HTMLタグアクセスアップSEO対策しましょう。

ものぐさ主婦のネットでパート
HOMEホームページ作り>作るときからアクセスアップ


作るときからアクセスアップ



アクセスアップ、SEO、検索エンジン上位表示については、ホームページのデータ作りの段階から対策するのが効果的です。
下で紹介するHTMLタグを無理に埋め込む必要はないと思いますが(やりすぎは検索エンジンのロボットに嫌われます)、 自然な使い方も含めて紹介するので参考にしてみてください。

/// METAタグ ///
検索エンジンのロボット対策に、ホームページデータの<head>〜</head>部分に METAタグを埋め込みましょう。GoogleのロボットはMETAタグを無視すると言われていますが、 gooやinfoseekでは効果的のようです。
埋め込むタグは、下の枠内のオレンジ色の3項目です。

<html>
<head>
<title>タイトル</title>
<META name="robots" content="index,follow">
<META name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,・・・">
<META name="description" content="ページ説明文">
</head>
<body>
内容
</body>
</html>

<META name="robots" content="index,follow"> の意味
検索エンジンのロボットに、「このページのデータを読み取って登録してくださいね」と伝える部分です。

<META name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,・・・"> の意味
ページの内容に関連深いキーワードをロボットに伝えます。複数のキーワードを「,(カンマ)」で区切って並べます。

<META name="description" content="ページ説明文"> の意味
検索結果の表示でページタイトルに添えられる説明文です。これを書かないと、ページ内のキーワード部分が 抜粋されて表示されることになります。

/// 見出しタグ ///
見出しタグ<h1>〜<h6>を使うと、SEO対策に効果的です。<h1>〜<h6>タグで 囲まれた単語を、検索エンジンのロボットが重要なキーワードと認識するからです。重要なキーワードを 含むページを検索結果で上位表示させるということです。
実際、見出しにキーワードが含まれる場合は多いので、ロボットの認識は妥当だと思います。

<h1>〜<h6>の中では、<h1>タグが一番に重要視されます。
本来、<h1>はページの大見出しに使うようなタグなので、これも理解できます。

見出しタグは、<body>〜</body>内で使われます。枠内のオレンジ色の文字のように 埋め込まれます。

<html>
<head>
</head>
<body>
<h1>見出し</h1>
<h2>見出し</h2>
<h3>見出し</h3>
<h4>見出し</h4>
<h5>見出し</h5>
<h6>見出し</h6>
</body>
</html>

こうすると、表示される文字は次のようになります。実際の表示サイズです。


見出し

見出し

見出し

見出し

見出し
見出し

<h1>タグで囲んだ文字は太字ですし、かなりの大きさです。文字の周囲がギザギザになるので、 見た目が良くない気がします。文字の前後と上下に自動的に隙間が入るのも、ちょっと使いにくいです。 (隙間が入らないと使いやすいのにな)

実は、最近までこのホームページでは<h1>〜<h6>タグを使っていませんでした。上下に入る隙間を 使いこなせなかったからです。でも、効果が大きいと言われているので、スタイルシートで表示を調節して 使い始めました。

具体的な方法は、このページの下の方で説明します。スタイルシートは見ている人のブラウザを選ぶので (ブラウザによってスタイルシートの効果が出ない場合があるということ)、この点を考慮して導入を ご検討下さい。

/// 強調タグ ///
強調タグ<strong>と<em>も、SEO対策に効果があります。
これらは、文章中の単語を強調するために使われるタグです。

強調タグ<strong>と<em>で囲まれた単語も、検索エンジンのロボットに重要なキーワードと 認識されます。「強調された単語」=「重要なキーワード」、なるほどです。

強調タグも、<body>〜</body>内で使われます。枠内のオレンジ色の文字のように 埋め込まれます。

<html>
<head>
</head>
<body>
<strong>強調</strong><br>
<em>強調</em><br>
</body>
</html>

こうすると、表示される文字は次のようになります。

強調
強調

<strong>タグで囲んだ文字は太字になります。<em>タグで囲んだ文字は斜体になります。

このページでは、<strong>タグを一番上の行で使っています。灰色の文字のページ紹介文です。 文章中に太字や斜体文字を使いたくなかったので、ここで使いました。
文章中の太字すべてで<strong>タグを使うこともできるのですが、ロボットに嫌われる (スパムと扱われる)のが怖くてやめました。使いすぎはスパムになるようです。 使い方の加減が難しいですね。

<em>タグの方は、トップページだけに使用しています。のらりの好みの字体ではないので。
こちらも、使い過ぎに気をつけましょう。

<strong>タグを見出しタグ<h1>〜</h1>の内部で使うと、より効果的です。2重に囲まれた単語を、 検索エンジンのロボットが非常に重要視します。下に、例を示します。
<html>
<head>
</head>
<body>
<h1>普通の見出し/<strong>強調部分</strong></h1>
</body>
</html>

こうすると、表示される文字は次のようになります。


普通の見出し/強調部分


<h1>タグで囲むだけで太字になるので、一部を<strong>タグで囲っても見た目は変わりません。 見た目が変わらずにSEO対策ができるので、この方法はお勧めです。
(この方法は「ザヒットサイト」の管理人ケイちゃんさんから教わったものです)

/// スタイルシートで表示を調節する方法 ///
スタイルシートを導入すると、見出しタグや強調タグが使いやすくなります。文字の大きさや太さ等を 自分の好みで調節できるからです。

一方、スタールシートは見ている人のブラウザを選びます。スタイルシートに対応していないブラウザで 見ている人には、文字の大きさ太さ等を調節した効果が出ない点に注意が必要です。
のらりは慎重派なので覚悟を決めて導入しましたが、導入している人は多いので気軽に導入して大丈夫だと思いますよ。 (ちなみに、下の調節だけなら、IE6とNetscape7は保証できます)

ここでは、のらりが実施している方法を紹介します。スタイルシートを通常のHTMLのデータファイルの外に 作る方法です。(HTMLファイルの中に書く方法もあります)
文字の大きさなどの調節も色々な調節が出来ます(色や字体、・・・)。皆さんの好みで調節方法を選んでくださいね。

まず、スタイルシートを使うことを<head>〜</head>内で宣言します。追加したタグは、 オレンジ色の部分です。

<html>
<head>
<link rel="stylesheet" type="text/css" href=
"ファイル名.css">

</head>
<body>
</body>
</html>

さらに、別ファイルに、次の内容だけが書かれたファイル(ファイル名:「ファイル名.css」)を作りました。

h1 {DISPLAY: inline; FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: 100%;}
h2 {DISPLAY: inline; FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: 100%;}
h3 {DISPLAY: inline; FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: 100%;}

こうすると、<h1>〜<h3>タグで囲んだ文字は、他の文字と同じ大きさ、太さ、改行幅になります。 文字の上下に大きな隙間ができず、見た目は<h1>〜<h3>タグが無いときと同じです。

この方法、よかったら参考にしてみて下さいね。

本格的にSEOをしたい方には、次のサイトの参照をお勧めします。どちらも専門家のサイトです。

→ SEO 検索エンジン最適化
→ SEO塾-検索エンジンの順位と検索結果のSEO対策


MENU
お得サイトでネット収入
収入が得られる仕組と準備 / メール受信でネット収入 / サイト訪問でネット収入 / ゲームでネット収入 / アンケートでネット収入 / 懸賞応募でネット収入 / ポイント合算でネット収入 / 振込み用銀行 / 携帯電話でネット収入 / ミステリーショッパー(覆面調査)でネット収入
ホームページでネット収入
ホームページ作り / ホームページ公開 / アフィリエイトでネット収入 / クリック保証/リンクスタッフその他でネット収入 / アクセスアップ1 / アクセスアップ2 / アクセスアップ3 / アクセスアップ4 / アクセスアップ5 / アクセスアップ6 / アクセスアップ7 / アクセスアップ8 / 無料で検索エンジンまとめて登録 / ランキング集 / アフィリエイトショップでネット収入 / ネットショップ運営でネット収入
TOPへ  HOMEへ 
【免責】ご利用は自己責任でお願いします。 【禁止】掲載している内容の転載を禁止します。
Copyright (C) ものぐさ主婦のネットでパート All Right Reserved.
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO